常陽銀行の注目すべきサービスとその内容

CONTENTS
常陽銀行の注目すべきサービスとその内容

常陽銀行の生い立ち

常陽銀行は茨城県水戸市に本店を置く地方銀行です。かつては「常磐銀行」と「五十銀行」という、2つの地方銀行であったこれらの銀行が、昭和10年に合併して生まれたのが誕生の経緯となっています。どちらの銀行も明治時代に国策として設けられた銀行を起こりとしています。

常陽銀行は、戦前から茨城県や周辺の近隣県である千葉県、栃木県、福島県、千葉県などの主要都市に支店や営業所を設けるなど、かなり広範囲の営業エリアを確保しています。特に本店を置く茨城県では、県の公金を一手に取り扱う「指定金融機関」の指定を受けています。

銀行名の由来は、茨城県を構成する昔の国名である「常陸」「下総」のうち、常陸(ひたち)の国から、明るいという意味を込めて「陽」の字を取り入れて採用したものです。特に常陽という言葉は、かつてより茨城県付近の通称としても古来から親しまれていたことも、常陽というネーミングにした経緯でもあります。

常陽銀行は、かつての財閥とのつながりも濃く、現在でもかつての系列であった三菱東京UFJ銀行とのつながりが濃くなっています。実際、常陽銀行の筆頭株主はアメリカの投資家グループなのですが、第2位の株主となっているのが三菱東京UFJ銀行です。これらの資金援助を受け、常陽銀行では主に投資家向けのサービスを充実させています。平成20年には100%出資の子会社である常陽証券を発足させるなど、新たな顧客の確保やサービスの提供を積極的に行っています。